投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
HW

Q. 進学予定校
LBS

Q. 進学予定校のカテゴリ
Full-Time MBA (2 year)

Q. 進学予定校の地域
ヨーロッパ

Q. 受験校
LBS, IESE, HKUST

Q. インタビュー実施校
LBS, IESE, HKUST

Q. 合格校
LBS, IESE(奨学金付), HKUST(奨学金付)

Q. 性別
男性

Q. 出願時年齢
26歳~30歳

Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
仕事でシンガポールオフィス、外国籍上司と話す程度

Q. 費用
私費

Q. 奨学金
未取得

Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内 国立 文系 経済学士

Q. GPA
3.2 / 4.0

Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))

GMAT: 710 (V 35/Q 50/ IR 4.0/AWA 6.0)
IELTS: 7.0 (R7.5/L7.5/W6.0/S6.0)”

Q. 塾
AGOS(GMAT Verbal, Interview), Ready4GMAT(GMAT), LINGO LLC(IELTS)

Q. カウンセラー

Essay: John Couke
Interview: John Couke, Vince Ricci

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。

外資系医療メーカーにて営業 3.5年、ファイナンス 3.5年

Why MBA?

Q. なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)

転職を考えていたところ、家族から「今しかできないことをやるべき」と言われたことがきっかけ。
前々からMBAホルダーの先輩方と会社内で一緒に仕事をすることが多く、視野の広さに驚かされることが多かったことから自分もいつかMBA留学に行きたいなと考えていました。年齢とまだ子供がいない現状を鑑みて今しかないと感じたため。

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。

ヘルスケアクラブでリーダーシップをとって日本の医療について発信すると共に世界の知見を得る
インターンシップをめちゃくちゃにやる
他国の人々と暮らしてコンフリクトを経験する

Q. 留学後のビジョンを教えてください。

健康はこの世でも数少ない絶対善であると信じているので、何かしらの形でヘルスケア業界に携わりたいです。
メーカーでExecutionを行って来たので一歩引いて考えられる戦略コンサルティング、投資ファンドに興味があります。

Preparation for MBA Application

<概論>

Q. MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。

2018年1月に本格的な留学準備を決意し、絶対に2018年中に決めるつもりでいたので朝、土日のすべてを費やしました。
朝は6時半から9時半まで、夜は1-2時間、土日も朝8時から夕方まで会社で勉強の日々。

2018年
1月 家族の言葉から転職ではなくMBA留学を決意、IELTS向けの学習を開始。当時USCPAの試験にも取り組んでいたため並行。
3月 やっとUSCPAの最後の科目に合格。IELTSに集中。
5月 IELTS 6.5から脱せないまま、GMAT Verbal/Mathの内容をぱらぱらと見始める。
6月 5回目のIELTS受験でOA 7.0に到達。 とりあえずIELTSの最低ラインはクリアできたと考えGMATの勉強を開始。
8月 GMAT Prepの点数は600 – 630と振るわなかったものの、試しに一度本番を受けてみたところTotal 710 (V35, Q50)を獲得、急いでLBS 1st Roundに向けて準備を開始
9月 LBS出願、次はインタビュー練習・Video Essay練習を開始
10月 IESE出願、LBS Video Essay提出
11月 LBSからOffer, IESE/HKUSTから奨学金付きオファー獲得

GMATが幸運にも一度で終わったこと、1ヵ月でエッセイは無理だとクヨクヨしていた自分を叱咤してくれたJohn, 妻のおかげで1stに滑り込むことが出来ました。精神的に疲れていて弱気になっていたので、二人には心から感謝しています。

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)

幸運なことに会社にLBS出身の先輩が複数いたほか、インターンシップで各トップスクールから弊社にお越しになった先輩方から生の声を聴くことができました。
結局、出願した学校はすべて8-10名強の方から話を伺いました。

Q. MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。

AGOS GMAT Verbal Course 250,000JPY
AGOS Interview Session 50,000JPY
LINGO L.L.C. 120,000JPY
IELTS Test 125,000JPY
GMAT Test 25,000JPY
Application fee 60,000JPY
John Couke 380,000JPY
Ready4GMAT 12,000JPY

Total 1,022,000JPY

受験費用を節約するためにYoutubeをフル活用しました。GMAT対策, IELTS対策, 疑似Campus Visit,と本当に素晴らしいツールです。今もロンドンでの住居を決めるのに毎日Youtube見てます。。

Q. MBA留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。

私費なのですべて貯金。ポンドがBrexitの影響で下落していて助かっています。

<スコアメイク>

Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

Writing, Speakingで6.0以上取れる気がしなかったため、OA 7.0が短期的には限界だと認識
結果Reading 8.5, Listening 7.5で安定するようになり、OA 7.0が出たのちにGMATへ移行

ただし私のスコアは確実に合格者最低クラスですので参考にしないでください。
インタビューでも「こいつの英語運用能力はいかほどか」が最大の焦点だったと思います。

LINGOの門を叩き、IELTS各パートの解き方、Writingの型を教えていただいたあとは過去問集をひたすら解くのみ。
ListeningはYoutubeに世界中から色々な人が問題と解答を上げてくれているので、それを使って節約しました。本番の環境に似せるため、広めの会議室の端にPCを置いて音量を最大にし、聴き取りにくい状況を作って練習していました。

Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

IELTS Readingで8.5をとっていたためGMATもいけると思ったが、Verbalは想像を絶するものでした。中山先生ビデオコースを朝6時半から会社の会議室で見ては昼休みに復習、試聴が終わったのちはScientific Americanの記事を見て自然科学の文章に慣れるようにしました。
単語はAGOS GMAT単語集を行き帰りの電車、ジムで運動中などに繰り返し読んでインプット。

【SC】
中山先生の講義内容を覚えて機械的に解くのみ。いわゆる受験英語チックなので私にはフィットしました。
【CR】
英語力というよりもロジックが問われているので時折出てくる超難問以外は普通にやればOK。
【RC】
純ドメの私はここがさっぱりでした。文章は長いうえに激むず。もう二度とGMAT受けたくないと思わせるパート。

【IR】
ファイナンス勤務なのに4.0とはひどい点数だと思います。初回受験でまぁこんなもんでいいかとたらたらやってしまったことを後悔していますが、とくに受験のうえで突っ込まれることはありませんでした。

【AWA】
某GMAT予備校のテンプレートを友人が見せてくれたので、それを暗記して使用したところ何と6.0満点。
ロジックと問うものでCRと似ているためスコアには相関があるはずです。せっかくなのでAWA満点をエッセイの一部でアピールしましたが、これも突っ込まれることはありませんでした。

【Math】
Mathは元々割と得意だったのでOfficial Guideを繰り返し解いたのがメインです。
ただ英単語が見慣れないものばかりで面食らうのでその対策が肝だと思います。

このほか、Ready4GMATというアプリを使いました。スマートフォン上で勉強できるためスキマ時間の活用にたいへん良いです。解説が全部英語なことが辛いですが、お値段も破格に安いのでおすすめです。

幸運にも初回受験で目標点を獲得できたため、1st Roundでの出願にありつけました。
5回しか受けられないから大事に、という話もありますが、私はさっさと受けてもし5回使い果たしてしまったらGREに、くらいのスタンスでいった方が良いと思います。

<Essay & interview>

Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください。

友人に誘われてAffinityの出願セミナーに参加したときにそこにいたから。

行き当たりばったりで馬鹿っぽいですが、留学準備に際して一番大事なステークホルダーであるもののGMATで頭がいっぱいだったので、笑顔が素敵で英語の勉強にもなるかなと軽い気持ちで契約。
幸運にも、結果的に自分にぴったりの方でしたし皆さんにおススメです。価格もリーズナブル。

Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

8/15にGMATが終わり9/14にLBS出願締めがあったので1か月でエッセイを仕上げるのに神経をすり減らしました。とくにLBSは隠しエッセイが複数あるのでまさに一難去ってまた一難、といった状況。

ある学校のアドミッションの方が「私費生で気になる点はキャリアリスク」と仰っていたので、エッセイのShort/Long term Career GoalをMBA採用に詳しいリクルーティングエージェントの方に見ていただくなど違った意見を求めたのが工夫したポイントです。

LBSにはビデオエッセイもあります。90秒で答えをPCに向かって吹き込むものです。過去問をカウンセラーからいただいて想定問答を繰り返しました。どうやらIELTS/TOEFLのスコアよりもこちらを英語力計測に使っているようです。

Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

会社の上司、担当している外国籍の部門長にお願いしました。お二人ともMBAホルダーだったので断られることはないのではないかと考えたうえでの依頼でしたが、ご快諾いただきホッとしました。

内容はJohnと詰めて、記載したいエッセンスを推薦者の2人に見てもらう⇒文章書く⇒推薦者に見てもらう、の流れで割とサクッと終了。

Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

インタビューのインビテーションが来た頃には正直もう疲れてしまっていて、この山を超えるのが一番つらかったです。
AGOS Vince氏のインタビューセミナー、Johnに指導を仰いだものの初めの頃はダメ出しの連続でセッションの終わりには肩を落として「もうダメだ。。」と何度もつぶやきながらとぼとぼ帰っていました。

プロに見てもらう前には電車、会社への行き帰りで呪文を唱えるがごとく何度も復唱し言いたいことを体で覚えるような形でした。

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。

ヘルスケア業界で最前線の営業、その予算を作成するファイナンス部門の両方を経験したこと。
また欧州・アジア校は学生のダイバーシティを売りにしているので、そういった環境でThriveできることが伝えられるように社内のダイバーシティ、そこから得た経験を具体的に伝えました(インド、オランダ、フィリピン、アメリカ人の上司たちとのやり取りなど)

私費・男・海外経験なし、とある学校のアドミにも一番不利なステータスと言われていたので学校へのフィットは強く伝えました(そもそもフィットを感じた学校にしか出願していませんが…)
例えばLBSであれば学生のダイバーシティから得たいこと、ロケーションから得たいこと、お話しした先輩方から聞いたLBS像とそれとのマッチ具合…

<学校選択>

Q. 受験校はどのように選択しましたか。

会社にLBS出身の方が複数いたためMBA=LBSとも言えるようなイメージがあり、そもそもLBSに憧れを持っていました。

まず海外経験なしの私費であること、就職活動をするためにインターンシップ、英語や海外文化に触れるためにできるだけ長い方が良いことから2年制>1年制。

続いてある欧州校の先輩から、「米国校においてアジア人はスパイスにしかなり得ない」と言われ納得感があったので欧州・アジアに絞ったものの、2年制且つ欧州アジアとなるとLBS, IESE, HEC, HKUST, NUSくらいしかないので必然的に選択肢は狭まっていきました。

Q. 進学校の決め手は何でしたか。

コースのフレキシビリティ:1学期ごとスキップしたり、選択授業の幅が広い
学生の独立性:上記フレキシビリティからやりたいことが明確な方が多い印象があった
ロンドン:絵画が好きなので欧州の歴史ある文化に触れられる

<その他>

Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)

キャンパスビジットは行いませんでした。学校への熱意を疑われるかなと心配していましたが杞憂でした。
それよりも人と話して自分なりの学校像を作り上げることが大事です。

出願する学校の合格体験記はほぼすべて印刷、ファイリングして眺めていました。

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。

地道な英語力の積み上げ
とくにGMAT VerbalのRCで感じましたが、数か月練習しただけでは歯が立ちませんでした。正確な速読、単語力、苦手・嫌いなテーマでも内容が把握できる読解力など基本的な英語運用能力が求められるので地道にやっておけばストレスの量を減らせたと思います。

Q. 一言メッセージ

仕事も勉強も、能力よりもモチベーションが肝だと信じています。
留学に向けた勉強を始めると帰国子女、学部で留学していた、海外勤務が長かった、という方が大半で自信をすぐ失いましたが、そのすべてをモチベーションが打破します。またそのモチベーションは表情に自然に表れて人に伝わるので、確実にインタビュー・ビデオエッセイでポジティブに働きます。

能力を信じるとテストスコアに一喜一憂してそれはもうつらい毎日を送ることになりますので、ご自身のMBA留学に対する思い・決意するに至った過程を猛烈に信じて取り組まれると良いと思います。