投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
ペン子とイニシャル太郎

Q. 進学予定校
UC Berkeley Haas School of Business

Q. 進学予定校のカテゴリ
Full-Time MBA (2 year)

Q. 進学予定校の地域
アメリカ

Q. 受験校
Booth, CBS, LBS, Wharton, Haas, UCLA, IESE, Fuqua, Stanford, Ross

Q. インタビュー実施校
Wharton, Haas, Ross, IESE

Q. 合格校
Haas, WLはwithdraw

Q. 性別
男性

Q. 出願時年齢
31歳〜35歳

Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
仕事でヨーロッパを4ヶ月程、残りは学生時にスペイン2ヶ月、フィリピン2ヶ月、カナダ8ヶ月

Q. 費用
私費

Q. 奨学金
未取得

Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内/私立

Q. GPA
3.88

Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GRE: V 155, Q: 165, AW: 5.0、 TOEFL: R 28, L 27, S23, W27

Q. 塾
Agos, 濱口塾、Affinity, Meister

Q. カウンセラー
Agos, Ed, Matthew, Steven

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。

経理業務、投資業務等に従事

Why MBA?

Q. なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)

大学時代から既にMBAに行きたいと思っていた(スペイン語学留学時にIESEを見て決意)

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。

留学では異なる環境でのリーダーシップ経験
比較的大きな企業で働いていたので異なる領域であるスタートアップ領域のスキルセットを身につけたい

Q. 留学後のビジョンを教えてください。

技術・テクノロジーを通して、何かしらのかたちで世界中の人の生活水準改善に取り組みたい!

Preparation for MBA Application

<概論>

Q. MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。

2年程費やしました。GMATが取れず、1年留年。多くの受験仲間を見送る。
GMATの恐ろしさを味わった(GMAT計7回、GRE計5回受けた)

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)

Info sessionとCoffee Chat等

Q. 受験準備にかかった費用について、教えてください。 

「もう振り返らないことにしている。」ぐらいで察して下さい。。。笑。

Q. MBA留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。

自己資本が25%程、残りは他人資本(ローン)から調達

<スコアメイク>

Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

元々Lが得意だったので、ひたすらRの練習とOutputに力を入れていた。TOEFLは4回程で終えられました(スタートは70点台)。

Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

GMATはSCとRCで苦戦、またMathも苦戦しました。
大学受験未経験かつ大学時代に比較的高等数学(微分、積分、線形代数、統計等)だけやっていた人は最も苦手とする試験だと思います。同じ境遇の方は早めに準備することをおすすめします。

<Essay & interview>

Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください。

在校生の方々からの評判と自分との相性、後はJessicaには振られました。もう手一杯だと。。。

Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

エッセイは最初の2, 3校は苦労したが、4校目ぐらいでブレイクスルーした。
学校が何を求めているのかを自分なりに解釈しながら、自分の経験の差別化、ゴール、過去の経験をうまく表現できたと思う。
但し、エッセイ書きすぎて1月の三が日でエコノミー症候群に陥りました。。。

Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

スコアメイクで死にそうだったので、推薦状はほぼ推薦者に任せました。私費なのに、理解のある推薦者に感謝。

Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

普段から話すのがめちゃめちゃ早いので、EdとMatthewにはそこを重点的に見てもらいながら対策。
細かな表現は逐一直してもらってチューニングしていた。
営業経験ある人はそのままインタビューでも活かせば良いと思います!

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。

自分の経験自体が既に差別化されていたので、強調。後はそれを裏付ける内容と会社に与えたインパクトをアピールした。

<学校選択>

Q. 受験校はどのように選択しましたか。

私費なのでランキング上位、かつ、その学校で自分がやりたいことが出来るかどうか

Q. 進学校の決め手は何でしたか。

他の学校のWL繰り上がりを狙うかどうかを考えましたが、立地・学校カルチャー共に文句のつけ様がない為Deposit期限まで他の学校を念の為他の学校を待ちながら悔いなく決めました。

<その他>

Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)

Haas, MIT, UCLA, CBS, LBS, IESE, Ross, Wharton, Yaleをビジット。MBAには良い人しかいなかった。迷子になった際も他のクラスメートの方々が親切に案内して頂けた!

Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。

全部落ちました!ようこそ、教育ローン!
対岸でアメリカの教育ローン地獄の世界が手招きしています!

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。

GMATのMathとSCを舐めていたこと。
“日本人が得意”というのは、真っ当に中学時代と高校時代を過ごしていた方々だけに当てはまります!

Q. 一言メッセージ

MBA受験はHolistic Approach! 行きたい学校にはGMATのスコアが680や700以上なくても、出す!