投稿者(イニシャル):YG
進学予定校:コーネル大学

・ カテゴリ: MBA
・ 地域: アメリカ
・ 受験校: Darden, NYU, Tuck, Chicago, Cornell, Carnegie Mellon, Yale, Georgetown, Indinana
・ 合格校: Cornell, Carnegie Mellon, Georgetown, Indiana

・ 性別:  男性
・ 出願時年齢: 26歳
・ 海外経験の有無: ~1年未満
・ 費用: 社費

・ 受験した試験: GMAT/TOEFL
・ 塾・カウンセラー:AGOS/濱口塾/その他(E4TG、John Couke)
・ 奨学金:未取得
・ 留学の目的: スキルアップ/海外経験

Introduction
Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
金融関連の仕事(コンプライアンス部署)を4年間。海外経験はなく、いわゆる純ドメです。

Why MBA?
Q.留学の目的や活動予定について教えてください。
マネジメントの基礎的なスキルを固めるとともに、自分の専門分野の学習にしっかりと時間を充てるのが目的です。
1年目はコア科目でしっかりとマネジメントの基礎を固め、2年目はファイナンスを多めに取りつつ、ロースクールなどの授業も活用して金融規制もマスターする予定です。

Preparation for MBA application
Q.MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
2014年1月に社内で社費留学生の募集を見つけ応募。4月に社費の合格通知を受け、そこから4~8月まではTOEFL、6~8月まではGMATの対策をし、それ以降はエッセー・インタビューに専念しました。

Q.大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
各校HPがメインで、必要に応じ在校生にコンタクト(mail or Skype)を取りました。

Q.以下のそれぞれの項目について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
・ TOEFL・IELTS(スコア(R/L/S/W)、テキスト、勉強法、受験履歴など)
105(R28, L28, S22, W27)
最も苦労したのはスピーキングです。独学ではなかなか点数が伸びず、E4TGに通いました。発音関係について、フィードバックを受けた内容を直すだけでも点数が大きく伸びるように思います(私の場合は本の発音が特に酷かったのだと思いますが…)。
・ GMAT・GRE(スコア(V/M/IR/AWA)、テキスト、勉強法、受験履歴など)
720(V36, M51, IR7, AWA5.0)
VerbalのSCなど個別に大変な点はいろいろありますが、最も問題になるのは時間だと思います。私は、受験前に毎日VerbalとMathの本番の分量を1セットずつこなす練習をして、時間の感覚をつかみました。
・ エッセー
大きく①経験系(これまでのお仕事を教えて)と②志望理由系(キャリアゴールは?どうしてこの学校を受けるの?)の2系統に分かれます。①経験系はインタビューでも「他には?他には?」とどんどん聞かれるので、タマ切れにならないよう自分のこれまでの業務経験をしっかりと洗い出すところが最重要で、それができると後はそれほど難しくはないです。Resumeを作る段階から意識するとよいと思います。
②志望理由系はキャリアゴールは全学校共通ですが、学校の選択理由は各校ごとのカスタマイズが必要です。学校によってはHPの情報だけでは足りず、キャンパスビジットや在校生とのコンタクトを求めているケースもあるので、スケジュール管理が重要だと思います。
・ 推薦状
推薦者の方にできるだけ早めに頭出ししておくのが重要だと思います(私の場合、社費合格直後にまず一報と依頼をしました)。その他、翻訳等が必要なケースはその時間も織り込んで、早め早めに対応する必要があります。
・ インタビュー
エッセーを口から発することができればそれで大丈夫かと思いきや、学校によっては世間話も混ぜてコミュニケーション能力を図るケースもあります。これは練習をいくら積んだかという勝負なので、エッセーが終わったら(あるいは同時並行で)すぐに始め、練習時間をできるだけ多く積むのが重要です。

Q.MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。
Totalで200万円程度です。

Preparation for MBA
Q.進学校の決め手は何でしたか。
コーネルの選択理由は①Immersionという実務プロジェクトがある点、②他学部の授業がとれる点の2点です。コアカリキュラムの授業は多かれ少なかれ共通と思っていたので、①で資産運用ができる、②でロースクールの授業がとれるという2点が選択の決定打になりました。

Q.MBA留学にあたって、必要費用はどのようにして調達しましたか。
受験費用は貯金の切り崩し。

Advice and Messages
Q.失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
受験プロセスではインタビューが非常に重要だと思います。テストの点がそこそこあって、エッセーもカウンセラーをつけて対応すれば、インタビューには呼ばれますが、私の場合その後のインタビューで不合格の山を受け取りました。早めに対応することと、練習の時間を十分確保することが重要に思います。