投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
北斗星
 
Q. 進学予定校
LBS
 
Q. 進学予定校のカテゴリ
Master of Finance
 
Q. 進学予定校の地域
ヨーロッパ
 
Q. 受験校
LBS MIF、Cambridge MBA
 
Q. インタビュー実施校
LBS
 
Q. 合格校
LBS
 
Q. 性別
男性
 
Q. 出願時年齢
26歳~30歳
 
Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
学生時に通算1年留学
 
Q. 費用
私費
 
Q. 奨学金
応募・検討中
 
Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内国立大学院(文系)
 
Q. GPA
3
 
Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GMAT730、IELTS7.0、TOEFL100
 
Q. 塾
濱口塾
 
Q. カウンセラー
濱口先生、Matthew

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
・学部、大学院では社会学専攻(哲学、国際協力)。フィリピンのNGO、国連でインターンを経験
・難民支援社会起業事業を立ち上げ、代表を務めた
・外資系金融機関のミドル・バックオフィスにおいて業務改善やプロジェクト等を6年経験

Why MBA?

Q. なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)
・将来海外で居住する際に国際的に通用する欧米トップスクールでの学歴が転職時に必要と考えたため
・ファイナンスの学習を強化し金融、経営のプロフェッショナルとして活躍できる人材となるため
・国際機関で勤務するためには専門分野での修士号が必須となるため
 
Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。
・金融の理論を体系的に身に付ける
・一年コースであるため、留学開始前のアフリカの投資ファンドでのインターンシップ、留学時における授業・就職活動、留学終了後のサマーインターンを計画している
 
Q. 留学後のビジョンを教えてください。 
金融分野での経験、学習を活かした投資銀行、バイアウトファンド、プロジェクトファイナンス業務、M&Aコンサルティング、国際機関等での勤務

Preparation for MBA application

<概論>
Q. MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
2014年からTOEFLの勉強を開始。夏にLBS、Oxford、CambridgeをCampus visit。TOEFL100、IELTS7.0を取得後、一旦英語の学習を中断し、GMATへ。仕事が忙しくなり2014年末から時間を見つけて学習するようにし、2016年春に730点取得後、再度IELTSの学習とその他受験準備に取り組んだ。
 
Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
SessionやCampus Visitの他に、濱口塾のつながりを活用して情報収集に努めた。
 
Q. MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。 
約200万円(英語受験、予備校、Campus visit等)。
 
Q. MBA留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。
清貧、貯金、教育ローン。4万円台の家賃のアパートに住み、松屋を主食にし、貯蓄に努めた。
 
<スコアメイク>
Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
TOEFLで110点目指すよりもIELTS7.5の方が簡単と一般的に言われているため、IELTS受験に変更したが、SとWにおいて非帰国子女が7.0以上を取るのは非常に困難であるため、点数を上げるのに大変苦労した。一回USD5前後の格安添削や30分500円ほどのフィリピンオンライン英会話を活用して毎日欠かさず取り組むことを心掛けた。
 
Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
非帰国子女かつ文系、同時に仕事が忙しくなったためGMATには非常に苦労した。濱口塾の教材とOG、GMAT Prepで対策は十分可能で、誘惑に負けず他の学校や教材に手を伸ばさなかったのはよかった。一般的に言われるように、教材を10回以上繰り返し解き、内容を覚えてしまうレベルまで習熟することが大切。私の場合は7回も受験してやっと700越えを達成したが、今は人生で8回しか受験できない制限ができたため、GMAT Prepで700出るまでは本受験しないこと、そして計画的に受験することが必要となる。
 
<Essay & interview>
Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください
・多くの受講生から安定して良い評判が上がっていること。
・先生は厳しいながらも最後には多くの受験生・合格者に慕われていて良いコミュニティだと思ったこと。
 
Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
LBSに関しては3回目で合格した。失敗の原因はGMATが低かったこと、エッセイ内容がコースとFitしていなかったことが考えられる。卒業生や大学の入試担当官からしっかり情報収集し、どのような人材を求めるかをしっかり研究する必要がある。
 
Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
上記エッセイと同様、どのような受験生を求めるかによって、誰に、どんな内容で書いてもらうかに気を付ける必要がある。
 
Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
誰が面接官かによって結果に非常にばらつきが生じるが、情報収集や大学の入試担当官とのコミュニケーションでカバーすべき。非常に厳しい面接官に当たったときは絶望的な気持ちになったが、追加でレターを出すことで合格まで繋げることができた。
 
Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
金融機関で様々な金融商品を担当し、その経験を金融コースで深め、将来も金融に関する職に就きたいことを強調した。いくつかネタやカラーを用意して、必ず学校のコース内容にFitするように仕上げる必要がある。
 
<学校選択>
Q. 受験校はどのように選択しましたか。
すでに修士を持っていたこと、私費で財力に制限があったため、トップ校の1年コースで絞った。
 
Q. 進学校の決め手は何でしたか。 
トップ校でありコースにも定評があるため。
 
<その他>
Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)
Oxford、Cambridge、LBS。2014年夏。当該コースの日本人が運営するページ、そして学校事務局にメールし、訪問した。在校生や卒業生を数人紹介してもらい、かつ濱口塾の卒業生にもコンタクトし、学校のカラーやエッセイ、面接に関する情報収集に非常にお世話になった。
 
Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。
日本学生支援機構の海外留学用奨学金ページが最も網羅的で多くの情報が掲載されていた。

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。
・働きながらの勉強は大変なので早くから準備しておけばよかった
・学校が欲しい学生像を十分に踏まえることなくエッセイを書いて失敗した経験より情報収集の大切さを学んだ
・GMATはどれだけ頑張っても当日の回答によって100点単位で下がったりするのでめげずに強いメンタルを保って取り組むことが大切
 
Q. 一言メッセージ
体験記を読んでいて、合格後、留学後、景色が変わった、人生が変わった、最高の選択だった、ということが書かれていて、よく言うよほんとかよ、と思っていたが、本当に合格すると生きてて良かったと思うことが非常に多くあると言いたい。まず、転職に関して、5-6年一つの分野に勤務していると、ヘッドハンターから提示されるのも同じ分野の職しかなくなる。つまり、人生が決定してしまう。こういった閉塞的な状況とは対照的に、30歳にもなって、さあこれから将来何になろう、なんて0から考えられる経験は本当に素晴らしく、貴重に感じる。それに1000万円も払うことが妥当かどうかという議論はあるが、今後の自分の人生をどれだけ肯定できるか、納得して生きられるかに根源的に関わる部分なので、車や家を買うのなら留学することをお勧めしたい。