投稿者プロフィール

Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
HT

Q. 進学予定校
INSEAD

Full-Time MBA

Q. 進学予定校の地
ヨーロッパ

Q. 受験校
INSEAD, London Business School, Chicago Booth

Q. インタビュー実施校
INSEAD, London Business School, Chicago Booth

Q. 合格校
INSEAD, London Business School, Chicago Booth

Q. 性別
男性

Q. 出願時年齢
26歳~30歳

Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
幼少期に米国に4年間、入社後研修生として米国に2カ月間

Q. 費用
私費

Q. 奨学金
応募・検討中

Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
私立学士・文系学部

Q. GPA
2.7

Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GMAT: 750(V42/Q49/IR8.0/AWA4.0) / TOEFL: 115(R30/L29/S28/W28)

Q. 塾
AGOS

Q. カウンセラー
江戸義塾

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
・新卒は大手保険会社に入社、法人営業を4年担当→大手コンサルティング会社に転職、在籍2年目時に受験

Why MBA?

Q. なぜ、留学に行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)

・前職に在籍したときから留学への憧れがあり、年次を重ねたら社費留学をしたいと思っていた
・転職がコロナ禍と重なったことで、転職直後2か月ほどプロジェクトにアサインされない期間があり、受験準備を始めるきっかけとなった
・今よりも高い視座を持ったコンサルタントになりたいとの想いがあり、現状の延長線上に自身が目指す姿はないと感じた

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。
・多様性高い環境下で様々なチャレンジに取り組み、経歴などではない人間としての器を成長させたい

・活動内容としては、留学前のPre-MBAインターンシップ、グローバルで優秀なクラスメイトとのグループワーク、フランスシンガポール両方でCampus Lifeを送ることが特に楽しみ

Q. 留学後のビジョンを教えてください。 
・ファーストオプションはコンサルティングを続けること(現職復帰あるいは別ファーム)だが、Big Techのビジネス職にも関心がある

Preparation for MBA Application

Q. 留学を考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
・2020年4月-5月:コロナ転職後、プロジェクトにアサインされず暇だったことをきっかけにAGOSでGMAT勉強開始
・2020年7月:6月から初プロジェクトに入ったが、細々と勉強を続け、無事GMATスコア取得完了。2020年中のApplyも考えたが、転職1年目であることを考えて今年の受験を見送ることに
・2020年8月-11月:今年度受験を見送ったことを理由に一切受験準備はせず
・2020年12月:さすがに何かやろうと思い、TOEFL受験、スコア取得完了
・2021年1月-5月:特に準備はせず。時間ある時に学校説明会に参加したり、学校のHPを見たりしていた
・2021年6月:Columbia Business SchoolのEarly Round受験に向けてカウンセラーEdとEssay準備開始
・2021年7月:Columbia Business School用にEssay、推薦状等書類一式用意したものの、学校へのFitを感じず、出願を断念
・2021年8月-9月:Columbia Business Schoolの書類をベースに、INSEAD・LBS・Boothの書類を作成、Round 1でApply完了
・2021年10月:INSEAD Interview
・2021年11月:INSEAD合格、LBS・Booth Interview
・2021年12月:LBS・Booth合格
・2022年1月:LBS・Booth辞退

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)
・Info Sessionと学校HPから主に情報収集
・面接直前期にはLinkedinで在校生にコンタクトし、各校面接練習を実施頂いた

Q. 受験準備にかかった費用について、教えてください。 
※概算です

計:90万円
・AGOS GMATパッケージ費用:50万円
・GMAT受験費用:2.5万円
・TOEFL受験費用:2.5万円
・Edカウンセリング費用:25万円
・学校出願費用等:10万円(3万円×3校)

Q. 留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。
・準備費用:個人預金
・入学後の授業料+生活費等:個人預金+フランス現地の銀行の学生ローン

<スコアメイク>
Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
・SpeakingとWritingについてはインターネットからテンプレートと呼ばれる回答のStructureを学び、本番でも使った

Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)
・毎日勉強時間を決めて、地道にコツコツと進めた
・運良く受験1回目で目標スコアが出たため、より高いスコアを目指して再受験するか、かなり悩んだ。今振り返ると、バイアスを差し引いても再受験しなくて正解だった。泥沼化していた可能性も高いし、スコア710-730以上出ていたらそれ以上出しても効果はないと思う


Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください
・カウンセラー選びで時間と労力を使いたくなかったので、深く考えず一番定評があるEdに決めた
・Edは情報量やネットワークについてはさすがだが、サービスの正確性やきめ細かさはやや疑問を感じることもあった。もう一度受験するとしたら、メインカウンセラーは別として、セミナー等のスポットでEdと繋がりを持っておく進め方をすると思う

Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
・MBA受験生の中でコモディティ化しているバックグラウンドと短期キャリアゴールだったため、オリジナリティを出すことに苦戦した
・ストーリーの具体性を高めること、学生時代の部活動やボランティア活動などのPersonal Storyをふんだんに混ぜることで少しでも特異性を出すことを意識した

Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
・前職の上司とお世話になったプロジェクトの上席に依頼。二人とも快く引き受けてくれた
・ただし、二人とも手はかけたくない(+一人は英語が苦手)だったので、Apply2か月前には頭出しをして、1か月以上かけて入念に内容のすり合わせを行った

Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。
・Edのネットワークを通じて知り合った受験生仲間とのInterview練習が効果的だった。Invitation受領後、週2回以上は実施した

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。
・とにかくエネルギッシュでActiveなやつであることをアピールした
・幼少期~社会人と各Phaseにおいて強みを裏付けるストーリーを作りこんだ
・オンラインでもカメラ目線で身振り手振り交えつつ、大きな声で笑顔でExcitedに話した
・複数のInterviewerから「I didn’t know Japanese consultants can get so excited」と引き気味(?)に言われたので、効果はあったと思う

<学校選択>
Q. 受験校はどのように選択しましたか。
・短期プログラム
・かなり悩んだが、費用対効果、キャリア・家族とのTime Lossを考え、2年制は劣後とした
・ヨーロッパ
・多様性高い環境で視野を広げる目的があったため、International度が高い欧州校を優先した
・アメリカはすでに住んだこともあり、ヨーロッパへの憧れがあった
・MBAランキング
・転職時のBrandとしては重要と考えた(ただし、Global top15間ではOutcomeは変わらないと判断)

Q. 進学校の決め手は何でしたか。 
上記基準で評価した結果、INSEADで決定
・10カ月間の超短期プログラム
・International度は#1、フランス・シンガポールのCampus Exchangeも可能
・MBAランキング上位

<その他>
Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)
・コロナ禍を理由に、キャンパスビジットは実施せず。金銭的・時間的制約もあったため、そもそもするつもりもなかった

Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。
・伊藤国際財団
・金額の大きさ(約1,000万円)、自由度の高さ(帰国義務なし、報告義務軽め)に惹かれて応募した
・大量の応募書類を手書きで作成する必要があり、かなり時間を要した。怠惰さが故、後半は内容や字も雑になり、当然のように書類落ち。自身の留学準備における最大の失敗だった

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。

・奨学金はペースメーキングには良いが、アカデミック含めたバックグラウンドの強さ・オリジナリティに自信がある方でないと費用対効果は悪いと思う。やるなら覚悟持ってしっかりやり切るべき(当たり前か)

・人にもよると思うが、私はエッセイは切羽詰まった方が良いアイデアが湧いた。一方、スコアメイキングは時間に追われずマイペースで進めたかったし、推薦状のように他者が関わるタスクは早めに取り掛かるべし。自分に合ったスケジューリングを立てることが大切だと感じた

Q.  一言メッセージ

私は社会人最初の数年間、何から始めたほうがよいかわからず、MBAに憧れるの日々を過ごしていました。でもいざ準備を開始すると、日々目標に向かって前進している感覚があり、新しい仲間や目標としたいような方々とも知り合えて、非常に楽しいプロセスでした。

難しい局面もあるかとは思いますが、MBAに行きたい気持ちが漠然とある方は、スコアメイキングでもセミナー参加でも、まずは準備を始めてみることをおススメします!!