Q. 投稿者(ペンネームorイニシャル)
匿名希望

Q. 進学予定校
ESADE

Q. 進学予定校のカテゴリ
Full-Time MBA (2 year)

Q. 進学予定校の地域
ヨーロッパ

Q. 受験校
ESADE

Q. インタビュー実施校
ESADE

Q. 合格校
ESADE

Q. 性別
男性

Q. 出願時年齢
31歳~35歳

Q. 海外経験と期間 (例: 旅行程度の経験以外無し、学生時に1年間米国に留学、入社後2年間シンガポール赴任、etc.)
学生時に計1年弱 米国・英国に留学

Q. 費用
社費

Q. 奨学金
未取得

Q. 最終学歴 (国内/海外・国立/私立・大学/大学院・文系/理系)
国内 国立大学 文系

Q. GPA
3.03

Q. 受験した試験と出願スコア (GMAT:点数(V/Q/IR/AWA)/GRE:点数(V/Q/AW)/TOEFL:点数(R/L/S/W)/IELTS:点数(R/L/S/W))
GMAT:630(27/50/7/5.5)
IELTS:7.5(8.5/7.5/7.0/6.0)

Q. 塾
Affiance

Q. カウンセラー
Rave/ Ariel

Introduction

Q. バックグラウンドや職務経験などについて、教えてください。
BtoBメーカーでの生産管理・企画を9年経験

Why MBA?

Q. なぜ、MBAに行こうと思ったのですか。(そのきっかけや理由を教えてください。)
N/A

Q. 留学の目的や活動予定について教えてください。
N/A

Q. 留学後のビジョンを教えてください。
N/A

Preparation for MBA application

<概論>
Q. MBAを考え始めてから、実際に受験するまではどのようなスケジュールで準備をしましたか。
N/A

Q. 大学院や受験方法についての情報収集はどのようにして行いましたか。(Info session, OB/OG訪問、Campus Visitなど)

Info sessionや塾の同級生との情報交換、インターネット情報など

Q. MBA受験準備にかかった費用について、教えてください。

約200万円

Q. MBA留学にあたって、必要費用(受験費用や、進学後の授業料・生活費等)はどのようにして調達しましたか。

受験費用は貯金から。進学後の授業料・生活費は会社で負担。

<スコアメイク>
Q. TOEFL/IELTSについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別(R/L/S/W)の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

過去にTOEFLは受験経験があり苦手意識があったので、最初からIELTS一本で勝負。
Readingの点数が出るまではひたすら単語暗記・多読を行い、6カ月でReading9.0に到達(Overall 7.0)
WritingはOnlineでの添削コースなどをいくつも試すも、一向に点数が上がらず、5.0~5.5を低迷。
9か月目に思い切ってWeb版のIELTSにトライしたところ、6.0が出て、Overall7.5を達成。
Writingは早々にLingo等で対策すべきでした。

Q. GMAT・GREについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。 (科目別の勉強法、使用した塾や教材に対する感想、受験履歴など)

3度受験するも点数ほとんど変わらず。620→600→630。
点数アップよりは早いラウンドでの出願でアピールする作戦に切り替えた。

<Essay & interview>
Q. 上述のカウンセラーに決めた理由、及び当該カウンセラーに対する感想を教えてください

価格の割には周囲の評価がよかったため決定。
一緒にネタだしをしてくれる日本人のカウンセラーはとても良かったが、NativeカウンセラーはほとんどEditor。
他を知らないのでわからないが、Nativeカウンセラーになってからは中々改善している感もなく苦しんだ。

Q. エッセイについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

なるべく早めに取り掛かろうと思い、5月には契約。
結果的にはネタ出しの時間が十分に確保できて良かった。

Q. 推薦状について、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

2名の推薦者の間でアピールポイントが重複しないように調整した。
Essayの形式にこだわらず、推薦者と会話する中でアピールすべき点を日本語でまとめ、最後にEssayのテーマにあったアピールポイントを各出題にあてはめられるようにした

Q. インタビューについて、準備方法、苦労した点、工夫した点などを教えてください。

自分の考えや思いに関するところは、整合性を以ってスムーズに答えられるように、カウンセラーと何度も練習した。
カウンセラーに質問してもらったことはすべてリスト化し、すべて回答を準備して丸暗記した。

Q. エッセー及びインタビューを通じて、自己PRとして、どのような内容をアピールしましたか。

N/A

<学校選択>
Q. 受験校はどのように選択しましたか。

ヨーロッパ・1年以上・非英語圏をテーマにして絞り込み。
キャリアゴールから逆算した人脈形成の点で最も私の希望に合致している学校を選択した

Q. 進学校の決め手は何でしたか。

採用担当者・卒業生/在校生とのフィット感。

<その他>
Q. キャンパスビジットを行った場合、実施時期や内容について教えてください。(ビジット実施校、実施時期、実施内容、訪問した人、選考においてどのような効果があったか、など)

12月に面接に合わせESADEを訪問。敢えて採用担当が日本に来ているRound1での出願を外し、Round2で出願。
どのくらい効果があったかは分からないが、本気度を伝えたい、というニュアンスで、Onlineではなく直接ビジットさせて欲しい、
とアピールした。

Q. 奨学金に応募をした場合、奨学金の内容や応募方法などについて教えてください。
N/A

Advice and Messages

Q. 失敗談や後悔していること、もっと早く知っておきたかったことなど、今後受験する方々へのアドバイスがあれば教えてください。

英語を勉強するなら英会話学校!と思い、何よりも前にマンツーマンの英会話学校と契約したが、値段が高い割には効果が上がらなかった。むしろ後になってペースメーク(朝のほとんど目覚まし時計変わり)のために始めた、安いオンライン英会話の方が効果があった気がする。また、IELTS/TOEFLが仕上がってからGMATの対策に移る、というアドバイスは私にはまったくマッチせず、社費で期限が切られている中では同時並行で進めるほかなく、GMATの対策はもう少し早く始めればよかったと思う。

Q. 一言メッセージ

N/A